入会案内(綱領・会則)

●(入会資格)
  朝鮮史研究会には、資格を問わず、誰でも入会できます。

●(会費)
   現在の年会費は、5000円です。例会案内、会報(年4回)、論文集(年1冊)を受け取ることができます。
   会計上の年度は、10月(大会・総会開催時期)から翌年の9月までです。(例えば、会計年度上の2002年度は、2001年10月〜2002年9月)

●(所属部会)
   住所・希望に応じて、関東部会・関西部会のどちらかに属していただきます。
   国外居住の方は、関東部会所属となります。

●(入会手続)
  (1)入会を申込まれる場合は、別紙申込書を印刷、記入して、下記のいずれかの部会に郵送してください。
  (2)同時に、下記の郵便振込口座に1年分の年会費を振り込んでください。振込用紙の通信欄に「新規入会」と明記してください。 入金確認後、例会案内などの送付を行ないます。
  (3)例会案内の受け取りを、電子メール・郵送のいずれでするか選んでください。事務の簡素化、支出の削減のため、電子メールでの受け取りにご協力ください。
        なお、事務処理に若干時間がかかることがありますので、ご了承ください。

  関東部会  〒186-8601 東京都国立市中2−1 一橋大学大学院社会学研究科 加藤圭木研究室気付
                   朝鮮史研究会関東部会
                                       (E-mail)  chosenshi_east@yahoo.co.jp
                       郵便振込口座   00190−1−47701   「朝鮮史研究会」

  関西部会  〒602‐8580 京都市上京区今出川通烏丸東入   同志社大学グローバルスタディーズ研究科 太田修研究室気付
                   朝鮮史研究会関西部会
                                       (E-mail)  chosenshi-west@chosenshi.gr.jp
                       郵便振込口座      00990−0−46681  「朝鮮史研究会関西部会」

 朝鮮史研究会綱領

1.われわれは朝鮮史の科学的研究をめざす。
2.われわれは朝鮮史の研究を通じて、日本・朝鮮両民族の友好親善をはかる。
3.われわれは従来の朝鮮史研究の成果を批判的に継承し、新しい朝鮮史学の発展をはかる。
4.われわれは民主的に会を運営し、内外の研究団体および研究者との交流をはかる。
 

朝鮮史研究会会則

第1条(目的) 本会は綱領の実現を目的とする。

第2条(活動) 本会は前条の目的を達成するために左のことを行なう。
  1.会員相互の討論、共同研究、研究調査、文献収集。   
  2.機関誌「朝鮮史研究会会報」および『朝鮮史研究会論文集』の発行。   
  3.毎月1回の「例会」、年1回の「大会」および公開の会合の開催。   
  4.その他綱領の目的にかなうこと。

第3条(会員) 本会の綱領に賛成する者は、幹事会に申し込み会員となることができる。会員は会費を納入するものとする。

第4条(総会) 本会の最高機関は総会である。総会は毎年1回、会長が召集する。会員数の3分の1以上の要求があるときは、総会を開くことができる。

第5条(役員) 本会に左の役員を置く。
  1.会長1名。会長は総会において選出され、本会を代表する。
  2.幹事若干名。幹事は総会において選出され、会務を執行する。幹事長は幹事の互選とする。
  3.会計監査2名。会計監査は総会において選出され、会計を監査する。
  4.役員の任期は1年とし、重任を妨げない。

第6条(関西部会) 活動の便宜のために、別途、関西部会を置き、代表幹事1名を関西部会所属の幹事の互選で選出する。

第7条(経費) 本会の経費は会費、寄付金その他の収入によってまかなう。

第8条(事務局) 本会および関西部会の事務局(連絡先)を次のとおり置く。
  朝鮮史研究会
  〒186-8601 東京都国立市中2−1 一橋大学大学院社会学研究科 加藤圭木研究室気付
  朝鮮史研究会関西部会
  〒602‐8580 京都市上京区今出川通烏丸東入   同志社大学グローバルスタディーズ研究科 太田修研究室気付

附記 2015年10月17日に本会則を一部改正した。