朝鮮史研究会論文集

 

n集をクリックすると目次が表示されます。

一覧表を一括ダウンロードしたい方はこちら→ichiran.txt (タブ区切りテキストファイル)を下記を右クリックし、「対象をファイルに保存」を選んでダウンロードしてください。

20集以後の号のご購入を希望する方は、下記までお申し込み下さい。それ以前の号の購入希望の方は、朝鮮史研究会の関東部会または関西部会までお問い合わせください(連絡先は、「入会案内」をご覧ください)。号によってはお取り扱いのできない場合があります。

173-0004 東京都板橋区板橋1-13ー1 株式会社 緑蔭書房 電話 03-3579-5444

  特集タイトル 発行年月 出版社 頁数 本体定価 備考
第1集 第二回大会特集 1965.11   241 \3,000 (復刻)
第2集 会長青山公亮博士古稀記念 1966.11   138 \350

 

第3集 朝鮮社会の歴史的発展 1967.11 極東書店 191 \500

 

第4集 日朝関係の史的再検討 1968.9 極東書店 204 \550

 

第5集 朝鮮と帝国主義 1968.11 極東書店 189 \550

 

第6集 「明治百年」と朝鮮 1969.6 極東書店 187 \600

 

第7集 古代東アジアにおける日朝関係 1970.6 極東書店 157 \600

 

第8集 朝鮮史における土地問題と農民運動 1971.3 極東書店 186 \600

 

第9集 朝鮮思想史の課題 1972.3 極東書店 156 \800

 

第10集 朝鮮の民族運動と歴史的条件 1973.3 極東書店 156 \900

 

第11集 日本における朝鮮史像 1974.3 龍渓書舎 205 \1,000

 

第12集 近代朝鮮と日本帝国主義 1975.3 龍渓書舎 232 \2,500

 

第13集 朝鮮史における国家と民衆 1976.3 龍渓書舎 165 \1,800

 

第14集 朝鮮民族運動の諸段階 1977.3 龍渓書舎 191 \2,000

 

第15集 朝鮮史認識の展開 1978.3 龍渓書舎 187 \2,200

 

第16集 朝鮮史の発展と国際的契機 1979.3 龍渓書舎 190 \2,200

 

第17集 20周年記念大会特集 1980.3 龍渓書舎 200 \2,500

 

第18集 李朝史の諸問題 1981.3 龍渓書舎 214 \2,700

 

第19集 朝鮮の社会と思想 1982.3 龍渓書舎 228 \2,800

 

第20集 植民地下民衆の生活と闘い 1983.3 緑蔭書房 252 \3,000

 

第21集 東アジアにおける朝鮮史の展開 1984.3 緑蔭書房 232 \3,000

 

第22集 甲申政変100年 1985.3 緑蔭書房 224 \3,000

 

第23集 東アジアにおける日本と朝鮮 ― 日韓条約二〇年にあたって 1986.3 緑蔭書房 280 \3,000

 

第24集 朝鮮古代史の争点 1987.3 緑蔭書房 208 \2,800

 

第25集 朝鮮史における国家と民族 1988.3 緑蔭書房 240 \3,000

 

第26集 朝鮮における近代認識の諸相 1989.3 緑蔭書房 272 \3,000

 

第27集 近代移行期朝鮮の国家と社会 1990.3 緑蔭書房 234 \3,000

 

第28集 近代朝鮮の対外関係と民族運動 1991.3 緑蔭書房 286 \3,000

 

第29集 日本の植民地支配の再検討 1991.10 緑蔭書房 240 \3,000

 

第30集 朝鮮都市論へのアプローチ 1992.10 緑蔭書房 266 \3,000

 

第31集 朝鮮近現代史における連続と転換 1993.10 緑蔭書房 282 \3,000

 

第32集 朝鮮女性史への視点 1994.10 緑蔭書房 240 \3,000

 

第33集 朝鮮史からみた1984年 1995.10 緑蔭書房 278 \3,000

 

第34集 「解放」50年 ― 朝鮮の分断と統一 1996.10 緑蔭書房 232 \3,000

 

第35集 近代朝鮮における伝統文化の"発見" 1997.10 緑蔭書房 288 \3,000

 

第36集 「地域」としての朝鮮 ― 「境界」の視点から 1998.10 緑蔭書房 308 \3,000

 

第37集 朝鮮における地域社会と国家 ― 「公共性」の所在をめぐって 1999.10 緑蔭書房 270 \3,000

 

第38集 植民地朝鮮と日本の帝国支配 2000.10 緑蔭書房 288 \3,000

 

第39集 「古代朝鮮」という歴史空間 2001.10 緑蔭書房 288 \3,000

 

第40集 朝鮮の領域観と自己認識 ― 前近代と近代の接点 2002.10 緑蔭書房 434 \3,000  
第41集 日朝関係史への新しい視点 2003.10 緑蔭書房 348 \3,000  
第42集 学問から視る朝鮮近代 2004.10 緑蔭書房 304 \3,000  
第43集 朝鮮における宗教と国家 2005.10 緑蔭書房 282 \3,000  
第44集 朝鮮植民地化過程の再検討−日露戦争から「併合」へ 2006.10 緑蔭書房 254 \3,000  
第45集 日本社会における朝鮮 ― その統一的把握に向けて 2007.10 緑蔭書房 234 \3,000  
第46集 朝鮮にとっての「中国」 ― 高麗・朝鮮時代における文物・制度の受容 2008.10 緑蔭書房 338 \3,000  
第47集 解放と分断を問い直す ― 一九四八年前後史 2009.10 緑蔭書房 208 \3,000  
第48集 戦後日本の朝鮮史学を振り返る 2010.10 緑蔭書房 254 \3,000  
第49集 「韓国併合」・植民地支配、そして現在 ― 「断絶」と「連続」の視点から 2011.10 緑蔭書房 332 \3,000  
第50集 朝鮮現代史と在日朝鮮人 2012.10 緑蔭書房 338 \3,000  
第51集 朝鮮王朝と海域交流 2013.10 緑蔭書房 198 \3,000  
第52集 近現代朝鮮における「戸籍」と境界 2014.10 緑蔭書房      
第53集 朝鮮社会と仏教 2015.10 緑蔭書房      
第54集 開港前後期 模索する朝鮮 2016.10 緑蔭書房      
第55集   2017.10 緑蔭書房