朝鮮史研究会第55回大会(2018.10)

統一テーマ

  歴史教育の転換と朝鮮史研究(仮)

[ポスター(PDF)] 掲示にご協力ください

[ 第55回大会 全体会の詳細 ]

日時 2018年10月27日(土)、28日(日) 

会場 帝京大学 八王子キャンパス

最寄駅 京王線 高幡不動駅/京王相模原線 京王多摩センター駅/多摩モノレール 多摩センター駅/
            多摩モノレール 大塚・帝京大学駅/小田急多摩線 小田急多摩センター駅/

           アクセスマップ     キャンパスマップ

第一日 10月27日(土)

会場 SORATIO SQUARE 1階 S11教室

開始 13:30 (受付 13:00〜、参加費:一般1500円、学生1000円) 

合評会 『世界歴史大系 朝鮮史』(山川出版社、2017年)

                                                                  

深津 行徳氏、    川西 裕也氏、    川瀬 貴也氏、    吉澤 文寿氏

総会 16:30 (会員のみ)

懇親会 18:00 (参加費:一般4000円、学生3000円)

第二日 10月28日(日)

会場 SORATIO SQUARE 1階 S11教室

開始 10:00 (受付 9:30〜) 

報告

中野 高行氏       「高校における朝鮮史教育の展望(前近代を中心に)」

中田 稔氏          「学びの転換と朝鮮史
                                     ― 高校日本史・世界史と〈倭寇〉〈両班(士族)〉研究を結んで」

関原 正裕氏       「近代の日朝関係を教える課題について」

コメント

田中 正敬氏

総合討論 (終了予定 17:00)